ライフスタイルに合う街の住み心地をチェックするには


「引っ越ししたい…」何年かに一度発作のように起こる「引っ越ししたい欲」。今住んでる街も、飲食店が充実してたり駅前に大きめの商業施設があったりと満足しているんですが、賃貸に暮らしているメリットは色んな街に住めることですよね。そもそも引越し前に「物件」はくまなく細部までチェックすると思いますが「街全体」をチェックしていますか?私はいきあたりばったりで「住めば都だ」と思ってきましたが、なるべく引っ越し前に押さえておきたい、自分のライフスタイルと「住みたい物件がある街」が合っているかどうか、チェックすべき点がいくつかあります。特に「家を買う」となると、その街となが~い付き合いになるので特に入念なチェックが必要ですよね。


最寄り駅の運行本数・混雑度

朝、夜の通勤のしやすさをまずは確認!ファミリー世帯の場合はお子さんがゆくゆくは通学に使うかもしれない路線。始発、終電の時間、通勤時間帯の運行本数も忘れずにチェック。混雑度や乗り換えのチェックも。駅から家までの道のりは最重要チェック事項!夜でも明るいか、歩道やガードレールの設備はされているか、人通りは多いかなどのチェックも必要です


駅周辺の利便性
駅周辺に「自分にとって必要な」商業施設があるかどうかもポイント。飲食店の選択肢が多いかどうか、テイクアウトできるお店があるかどうか、ドラッグストアがあるか、銀行の支店や郵便局の窓口があるか、ジムや大型書店などがあるかどうか…自分にとって必要な施設があるかどうかチェックしましょう。また日常よく使うスーパーも、安さ勝負・大型スーパー・高級志向などそれぞれの特性があると思いますので、自分の嗜好にあったスーパーが身近にあるかも大事です。


バスや駐輪場、タクシー情報
駅から家まで遠い場合はバスや自転車、タクシーを使うことになります。バスの始発時間、終りの時間、家から駅までバスでかかる時間の確認も。自転車で駅まで通う場合は駐輪場に空きはあるか、駅の近くに駐輪場があるかどうか。夜、バスが終わってしまった時、タクシー待ちの行列ができているのかどうか、電話でコールすると来てくれるタクシー会社があるかどうか、深夜のタクシー事情を運転手に確認してみるのも手です。


子育てファミリーに嬉しい施設・学校をチェック
子育て中の家族も、いずれ子供をもちたい家族にも、子育て中にあったら嬉しい施設のチェックは欠かせません。どんなタイプの公園があるのか、同世代の子供はいるか、実際に遊ばせてみるのもアリです。乳幼児期の場合は、0歳時から遊べる児童館などがあるか、小児科・耳鼻科・皮膚科があるか、いざという時にすぐに行ける救急外来が近いかどうか、乳幼児向けの習い事があるかどうか、公営プールや体育館には子供向けの教室があるか、など。子供が小学生になったら、一番確認すべきなのは「通学路のチェック」。横断歩道を渡らずにすみ、できるだけ歩道が確保されたルートで通学できるのが理想的。通学予定の小学校は住居からどれくらい時間がかかるか、児童館・図書館・公民館など放課後過ごす場所があるか、塾の選択肢があるかどうか、習い事の教室の選択肢があるかどうか、ゲームセンターなど教育上好ましくない施設があるかどうか、など。


不動産屋さんに将来の環境変化をきいてみる
引っ越してみたはいいけど、1年後に隣に高層マンションが!日当たりが悪くなった…なんてことにならないために、将来も自分の住む住居の周辺環境が大きく変わらないのか確認してみましょう。目安になるのが建物の制限が決められた「用途地域」を不動産屋さんにたずねてみましょう。低層住居専用地域で住居以外だと診療所や幼稚園・保育園など。中高層住居専用地域は住居以外だと、病院、大学、スーパーなど。せいぜい3F~4F建てくらいまででしょうか。住居地域、になると6F以上の高層マンションやホテルなど。こちらのページに用途地域について掲載されています。

せっかく時間とお金をかけて、新しい街に引っ越すのですからガッカリすることがないように事前準備をしっかりしたいですね!