戸建てリノベーション“趣味部屋”需要が上昇中!


新建ハウジングに取り上げられていた記事からの紹介ですが、年間30棟ほどリノベーション工事を中心に請け負っているG-FLAT。特徴的なのは、マンションではなく戸建てリノベーションが増えていること。戸建てリノベーションが10年前から毎年20%ずつ増え、2016年は全体の80%を上回るようになったそうです。

相談に来る人は絵画や骨董など様々な趣味を人がいるそうですが、中でもアウトドア系のリノベーションがトレンドとなっているようです。そして30代からリノベーションについての問合せが多いそうで、これは「新築よりも予算に余裕があり、設計の自由度も高い戸建てリノベーションで趣味部屋を作る人が増えてきているため」だそうです。


画像引用元:G♭
1F部分に土間部分を広めにとり、自転車やスノーボードなどのメンテナンスができるような趣味スペースを確保。


画像引用元:captain
こちらもロードバイクのメンテナンス仕様のお部屋。


レコードやCDのコレクションを大量に飾って収納できる趣味部屋。レコードはかさばるけれど、見せる収納というか部屋のインテリアとして扱ってもなんかオシャレ。DJできないのにターンテーブルとか置きたくなります。


画像引用元:pinterest.jp
壁に飾って見せるギターコレクション!オシャレだし、豪華~。愛用の品が常に目に入るって嬉しいですよね。


画像引用元:庄内超車倶楽部
車がめちゃくちゃ好きな人にはこんな提案も。ガレージとリビングが隣接しています!お、お金持ち~!でもこんな高級車じゃなくても、ビンテージカーやバイクなどでも自分の気に入ったマシンはずっと見ていたいのがオーナーの心かもしれないですね。

今後、増える戸建てリノベーションに「趣味部屋」は欠かせないキーワードになってくるかもしれませんね。