パースコンテスト2019から見るgoodポイント その1


第9回目となる「リックパースコンテスト2019」。今回も全国のRIKCADユーザーおよびRIK製品をご利用頂いている皆様から数々の力作をご応募いただきました。
今回は「心地よい“空間”をビジュアル化」をテーマにパースの美しさはもちろん、施主への提案を前提とした表現(生活空間とのつながりを重視した表現、現場写真との合成パース等)、CADだからこそ可能な表現・テクニックを競っていただきました。
また、審査ポイントは“パースの見栄えの良いアングル”“立体感のある陰影表現”“遠近感のある演出効果”“質感の表現”“オリジナリティ”の5つ。ぜひ、想いの詰まった個性豊かな作品の数々を、じっくりご覧いただき、今後の参考にしていただければ幸いです。



総合大賞グランプリ 【千葉】スペースガーデニング株式会社 時友 達人
【作品名】English garden

:審査員講評:動線から植栽・構造物配置等のデザイン的視点からも秀逸な作品です。パースアングル、各部のテクスチュア表現、適切な陰影処理、植物の色使い含め洗練された色彩感覚、等々からスキルの高さを感じます。パビリオンのデコラティブな金属屋根などの表現には素晴らしいものがあり、グランプリにふさわしい作品といえます。(藤山 宏)



エクステリア大賞 【愛知】株式会社ルボワ 鈴木 瑞希
【作品名】石畳の街並みからガーデンへ

:審査員講評:
まさに、「ファサードエクステリア」の作品といえ、花鉢以外の壁面白抜きもセンスの高さを感じます近・中・遠景のパース効果を狙ったアングル、ベンチ・人物などのレイアウトも効果的です。壁面の蔓性植物や花鉢の植物も微妙に変化を持たせるなど、作者の細部までリアルに表現したいという気持ちが伝わってきます。(藤山 宏)



ライティング大賞 【神奈川】エクステリア&ガーデン設計室coniwa 藤﨑 香奈子
【作品名】ベランダガーデンで癒しのひと時

:審査員講評:実際のライティングで表現するのではなく、絵の雰囲気で微妙に明るさを、調節しているところがよくできています。窓ガラスの向こう側の室内の暗がりも天井のみを明るく、壁は暗くしているところは良いアイデアでした。手描きリアルの絵のような仕上がりもよいと思います。(松下 高弘)


実物件大賞 【香川】 積水ハウス株式会社 植田 美香
【作品名】緑と光に包まれたすまいへ

:審査員講評:表現が難しい夜のパースを見事に再現されています。建物の雰囲気やエクステリアの床、壁、照明の強さなどは実際の写真よりもCADの方がプランの良さを的確に表現されており、実物よりも魅力的にさえ見えます。特に光の演出に作者の強いこだわりを感じられます。(古橋 宜昌)


プレゼン大賞 【京都】積和建設近畿株式会社 上田 桂子
【作品名】彩。 灯りのある情景

:審査員講評:パースの完成度もさることながらプレゼンボードとしてのレイアウトもシンプル且つ見やすくまとめられています。左上の迫力のあるメインパースと右下の坪庭の夜景パースがボード全体を引き締め、それらを補う情報が周囲に配置されている点がポイント。水面が印象的なファサードとしっとり浮かび上がる坪庭の表現が素晴らしいです。(古橋 宜昌)


今回ご紹介したのは受賞作品のほんの一部です。またの機会に他の受賞作品のgoodポイントもご紹介したいと思います。リックパースコンテスト2019審査結果発表ページでは受賞作品の一覧と講評、製作者コメントもご覧いただけますのでぜひご覧ください!