事業拡大に繋がるかも。助成金利用で実質負担ゼロで受講できる研修


世の中には様々な公的助成金があります。公的助成金は融資と違い返済の必要がない資金です。助成金はおよそ8,000種類以上あり、それぞれ申請方法が違います。受けられるなら受けたいですよね、公的助成金。

E&Gアカデミーはエクステリア&ガーデンのプロのスキルを学べる専門校として19年間で1,000人以上のプランナーを輩出。そのE&Gアカデミーの「エクステリア技能研修」と「エクステリアプランニング技能研修」が助成金利用で実質負担ゼロで受講できるかもしれません

何年か前から「住宅+エクステリア・外構のトータル提案」「ガーデンを含んだライフスタイルの提唱」は住宅業界ではホットな話題としてあります。ただ、住宅設計事務所や工務店がエクステリア事業に参入するのはなかなかハードルが高いと思われています。その理由として

・エクステリア設計の知識がない
・エクステリア施工の技術がない
・専門性をもった人材がいない・雇う余裕がない

もちろん、現状の住宅の設計・施工管理が忙しすぎて事業拡大する余地などない!という状況もあると思います。しかし、新築着工数はずっと減り続けています。エクステリア・外構を含めたトータル提案で+10%受注単価をアップしたり、リフォームの案件が多くなってくるとエクステリアや外構も含めたリフォーム提案で受注単価をアップする、などの施策が必要となってくると思います

その準備のためには、エクステリアの専門スキルを持っている人材の確保か、現状いるスタッフの育成が重要です。このE&Gアカデミーの実践講座はまさにそういう状況にうってつけな講座といえます。そして助成金を利用して、専門性の高いスキルを身に付けることができたら事業の拡大に繋げることもできるかもしれません

「とはいえ、公的助成金の申請とかめんどくさそう!」と思いますよね。実際、めんどくさいです。しかも助成金は種類が山ほどあって、条件に合致していなければ受けれないものなのです。助成金を受けるために、とりあえず必要な条件は以下の4つ。

・雇用保険に加入している
・社会保険に加入している
・社員を1人以上雇用している(アルバイトでも可)
・会社都合による解雇を半年以内にしていない

この条件は全国24の提携社労士事務所が実際に申請した経験を元にした「独自条件」を加味したものです。この条件に当てはまっていればほぼ100%助成金を受けられるそうなんです。会社所在地や業種・新規社員採用予定数などを考慮してあてはまる助成金を探し、いくらもらえるのかメドをつけ、申請するのです。

「だから~あてはまる助成金を探してもらえる金額を予想したり、申請書類を作るのが難しそうなんだよっ!」って思いますよね。ご安心ください、その道のプロが世の中にはたくさんいるんです。申請代行会社のライトアップと提携していますので「助成金のマッチング・申請のサポート」をちゃんとしてくれます。

助成金についてもっと知りたい方のために、説明会を開催しております。また申請する助成金は厚生労働省の助成金を主に申請するので、E&Gアカデミーの実践講座だけではなく、労働環境の向上、マイナンバー制度への対応にかかる費用も助成金でまかなえるかもしれません。人材育成や労働環境改善、事業拡大につながる事のために助成金を活かすチャンスです

E&Gアカデミー助成金申請 説明会