東京の注目ボタニカルショップめぐり


東京に行く機会がちょこちょこあるのですが、今回は行ってみたかったボタニカルショップへ行ってみました。どのお店も個性豊かでそれぞれの店のこだわりが感じられてとっても楽しい時間でした!


まず最初に訪れたのは渋谷のNEO GREEN。渋谷の駅前の雑踏を抜けて、井之頭通りの方へずんずん歩いて15分ほど。代々木公園のすぐそばにあるので渋谷にあるのに森の際にあるNEO GREEN。

店舗自体はこじんまりと小さいのですが、置いてある植物のセレクションがどれもこれも素敵です。

大きな鉢は外に陳列されいるものだけで、店舗内には小さめの鉢植えたちがずらり。変わり種の個性的な植物が所せましとならびます。

苔盆栽はお祝いやプレゼントにぴったりの華やかさ&かわいらしさ。大きすぎないので受け取る側も困らないサイズ感。ちょっと和テイストな感じもモダンな空間に合いそうです。

NEO GREENでは「みどりと気付きの書棚」というブックコーナーが設けられ、書籍の販売もしています。ビジュアルブックから哲学書、絵本・漫画など、「植物をきっかけにして人生について考える」ためのブックセレクトだそうです。
私はNEOGREENでは「ドングリポット」を買ってみました。発芽処理したドングリの鉢ポット。5月頃に発芽するそうです。見た目も苔×どんぐりで何ともいえない可愛さですし、発芽の楽しみもあるのでプレゼントに良いかも。お値段は1200円程度なのでプチギフトにほんとピッタリです。


次に訪れたのは武蔵小山のTRANSHIP。広めの店内にはアンティークを丁寧にリメイクした家具・雑貨とグリーンが販売されていました。バスク料理を楽しめるビストロも併設されていました。訪れた時は残念ながらしまっていましたが…グリーンを眺めながら本格的なバスク料理食べられるとか素敵だなあ、と。

壁面緑化がもりもり!とても魅力的な店舗外観。

ものすごく立派でかっこいいオリーブと入口手前の小さめ多肉植物の鉢コーナー。


アンティークなテーブルの上に様々なサイズの植物たち。個性豊かな多肉植物や塊根植物に胸が高鳴ります。目移りしちゃって決められない…。店員のお姉さんと相談して私が買ったのはこちら!上の写真の放射状に伸びるものと迷ったあげく、最近人気急上昇中らしいボトルツリー(ブラキキトン)にしました。


画像引用元:tree tree
ボトルツリーとはこんな個体です。根っこがぷっくりしているのに、幹から急に細くなる形がボトルに似ているところからこんな名前がついたそう。


お次は南青山にあるSOLSO PARKへ。

大都会に突如現れたジャングル!って感じがとってもいいです。高層ビルとのミスマッチ感も東京っぽいなあと感じました。


SOLSOパークはお稽古事がうけられる教室やカフェも併設しています。まさに都会のオアシスじゃないですか!広々とした園内はまさに公園のよう。お休みの日に家族で来るのもいいでしょうね~。


GREEN&FLOWER SHOPはその名の通り、お花とグリーンが販売されています。ご覧の通り「これでもかっ」というほど多種多様なグリーンが販売されています。生花もほんっと可愛いくて目移りします。しかし新幹線で帰る身なので手持ちできるものを、と思いエアプランツとドライ花材を購入。



春にむけてにぎにぎしくなってきたうちのグリーンコーナー。中央の幹がうねうねしたボトルツリーとその横のドングリポットが今回買ったもの。


SOLSOで買ったエアプランツは画家・横尾忠則の貧乏神封印ポストカードとともにディスプレイ。ちなみにこの貧乏神封印ポストカード、めちゃご利益あります。これ飾ってから金運いい気がします。ディスプレイが難しく、テキトーにTVボードに転がしているドライ花材。これはこれで味気なかったTVボードが雰囲気良くなった気がするのでここが定位置になりそうです。