配色黄金比を知って植栽のカラーバランスを整える


植物には葉の色や花の色、たくさん種類があります。高さなどの配置バランスに加えて、カラーのバランスも大変重要です。カラー配色の黄金比、カラーバランスのとり方をご紹介します。

◆配色黄金比を知っておこう
販促のチラシや、商品ロゴのデザイン、洋服などのコーディネートで最も良いカラーバランス配色と言われている配色比率があります。

 :配色黄金比:
ベースカラー70%:メインカラー25%:アクセントカラー5%

↓の画像を御覧ください。
hg-6-01

あの有名なロゴやキャラクターなんかも配色黄金比に則って作成されているんですね。

その配色黄金比を植栽のカラースキームに利用すれば、ものすごくバランスのいい配色になるというわけですね

たとえばベースは緑(70%)
シルバープリペット・アベリアコンフェッティ・ユキヤナギのベースグリーン
146_sp

メインカラーは白(25%)
ユキヤナギの花・シルバープリペットの斑
400

アクセントカラーは黄(5%)
アベリアコンフェッティの斑
52_ah

ベースとメインとアクセントカラーの色を決めてあとはその配色バランスを法則通りに配置する!お花など、色彩の豊かな植栽を取り入れる時はメインカラーがオレンジやピンクになるのかもしれないですし、アクセントカラーがレッドになるかもしれないですね。

意外と使えるテクニックですのでぜひ取り入れてみてください。