パースコンテスト2017受賞作品から見るgood&Badポイント


今年度も行われたリックパースコンテスト2017。全国のRIKCADユーザー様の作品を公募し、エクステリア&ガーデンの専門校E&Gアカデミーの東京校・古橋校長と大阪校・藤山校長、東京校パース講師・松下先生を審査員に迎え審査しました。“パースの見栄えの良いアングル”“立体感のある陰影表現”“遠近感のある演出効果”“質感の表現”の4つ。これらのポイントを審査基準にRIKCADを駆使したテクニックも加味しています。
毎年、パース作成のスキルがあがり応募作品のレベルがあがっていますが、2017年はさらにすごいことになっています最新鋭のCAD、RIKCAD8を使用したパースが多いためか「空気感」のニュアンスの表現が飛躍的にアップしているパースが多いように思われます。感嘆してしまうほど美しい、受賞作品を審査員の講評と合わせて見ていきましょう!


作品名「白樺のある秘密のナチュラルガーデン」
総合大賞 グランプリ 【北海道】有限会社ビークリエイト 米田 由美子

審査員講評:影の多い暗い空間が白樺の太い幹を際立たせています。その幹の表現や造作物の作り込みがとても素晴らしく、多種多様な植物と相まって心地よい空間が伝わってきます。画家のレンブラントの絵のように、絵の中心が太陽光で明るく、的が絞れて完璧な仕上がりです。地面、塀、空の広さの比率、全体のコントラストも絶妙です。



作品名「STYLISH MODERN」
エクステリア大賞 【愛知】積水ハウス株式会社 安藤 康大
審査員講評:カチッとした外構デザインを雑木の配植で柔らかい雰囲気にしています。樹木による陰影効果、土間タイルの光沢、質感処理等含め光と影の調和加減がうまく表現されています。淡い青色系の遠景の植栽を入れることでもっと遠近感が強調されます。


作品名「 夜のプールサイド」
ライティング大賞 【千葉】スペースガーデニング株式会社 時友 達人
審査員講評:日没間もないしっとりとしたプールサイドの情景が見事に表現されています。真っ赤に染まった西の空と闇の中に浮かび上がるプールやストーブ、丸い照明が映し出す床の落ち葉などの対比も美しい。また、樹木の配置具合で良い構図になっています。



作品名「丸窓の庭」
和風優秀賞 【福岡】株式会社久留米庭苑 大塚 みゆき
審査員講評:素晴らしいデザインを見事にパースで表現されています。あえて室内からのアングルで見せることで、二重のフレーム効果により奥行き感も強調されています。丸窓の向こうのリアル感と格子建具のガラス越しのぼかしシースルーの対比でリアル感が強調されています。全体トーンが少し暗いのが惜しいですね。



作品名「マルチファサードナイト」
ライティング優秀賞 【静岡】中部建商株式会社 佐野 貴亮
審査員講評:間接光を心掛けた上品な仕上がりになっています暗すぎず明るすぎず絶妙なタイミングを切り取ったかのような仕上がりが見事です。建物内部から外部照明含めた光量がほどよい光の空間演出といえますが、側溝蓋周辺のトリミング処理は必要でしょう。また、空の上から下に落ちるグラデーションを強調するともっと自然になります。


作品名「東南アジアにあるようなレストラン」
ライティング優秀賞 【埼玉】スペースガーデニング株式会社 鈴木 晶子
審査員講評:落ち着いた雰囲気の夜のレストランのイメージです。外の植物は必要最小限の照明にとどめているので月明かりを感じることが出来ます。テーブルの上の添景まで見事に表現されています。葉のシルエットの向こうに見える月の光具合が絶妙です。高木照明はアッパーにての陰影効果が欲しいところですね。

今回ご紹介したのは受賞作品のほんの一部です。またの機会に他の受賞作品のgoodポイントBadポイントもご紹介したいと思います。リックパースコンテスト2017審査結果発表ページでは受賞作品の一覧と講評、製作者コメントもご覧いただけますのでぜひどうぞ!