パースコンテスト2017受賞作品から見るgood&Badポイント その2


前回の「パースコンテスト2017受賞作品から見るgood&Badポイント」ではグランプリや大賞作品を中心にご紹介しましたが、今回は優秀賞作品を中心にご紹介します。優秀賞受賞作品も、ハイクオリティなパースばかり!早速、講師の講評とgoodポイント&adviceポイントをご紹介します。今回もパース作成に活かせるテクニックが満載です。


作品名「秘密の小部屋」
ガーデン優秀賞 【北海道】株式会社アトリエカンナ 今井 陽子
審査員講評:囲まれた空間でありながらあえてローアングルで魅せることにより空への抜け感が出ています。丁寧に作り込まれた小物の数々も素晴らしい出来です。一つ一つのアイテムを丁寧に仕上げた質感表現、見せたい部分にフォーカスされたアングルや陰影処理が効果的といえます。


作品名「スカイガーデン」
ガーデン優秀賞 【北海道】エディア株式会社 e/d,A. Design-Garden 山口 詩乃
審査員講評:少し見上げるような構図にしたことで、オリジナルのファブリックのシェードが効果的に表現されています、遠景の桜のピンクも綺麗で気持ち良い空間になりそうです。セピアトーンとモノトーンのベースの中で、黄緑と赤の補色同士と黄、赤、青の三色バランスの配色が見事です。


作品名「緑を抜けて」
エクステリア優秀賞 【神奈川】三井ホーム株式会社 奥井 麻子
審査員講評:ダイナミックなゲートフレームに絡みつく植物と雑木風の高木がとてもリアルに表現されています。また手前の黄緑色の植栽から遠景のクールな緑色のグラデーションが遠近感のある効果を生んでいます。もう少し建物を見せたアングルの方が良かったですね。


作品名「 料亭風アプローチ」
和風優秀賞 【広島】株式会社トーワ興産 吉村 謙二
審査員講評:その場に居るような見事な空気感です。日向と日陰のコントラスも絶妙で、夕立が通り過ぎて雲の切れ間から陽が差してきた夏の夕暮れ時を連想してしまいます。光と影のコントラストをうまく表現されていて、より奥行感を感じさせるパースアングル、雨後を感じさせる石貼りの質感も効果的。植栽のコントラストも見事です


作品名「中庭を楽しむ集合住宅」
ランドスケープ優秀賞 【福岡】積和建設九州株式会社 樫本 直美
審査員講評:鳥瞰パースに建物の平面図を貼るという面白い試み。しかも窓枠だけ3Dで配置し窓と植栽の関係をアピールする手法は素晴らしいです。変形敷地ですが全体形状も分かり易く、立体感・陰影処理表現含めスキルの高さを感じられます。

最新鋭のエクステリア3DCAD「RIKCAD8」で超ハイクオリティパースを!