玄関は家の顔!玄関・門まわりを明るくするオススメ低木類


外構やエクステリアが本体(家)を守ったり彩ったりする洋服みたいなものだとしたら、玄関や門まわりはまさにフルメイクが必要な「顔」みたいなものではないでしょうか。そんな大事な玄関や門周りだからこそ、印象をよくしたいですよね。キレイな門扉や門柱で美しく整えるのもいいですが、さらに明るく華やかにするには色合いの明るいカラーリーフ系の低木類を入れるとナチュラルで明るい玄関・門まわりになります。玄関まわりにオススメな常緑の明るい色のカラーリーフをご紹介します。ちなみにどれも近年、生産されたばかりの注目の新品種です。

20140925_520286[1]出典:aiaipark.jugem.jp
アベリア・ラッキーロード
アベリアの新品種”ラッキーロッド”。明るすぎず落ち着いた色味ですがクリーム色の斑が入るので明るく爽やかな印象。葉っぱの形も小ぶりでイイ!初夏から秋口にかけて白い小さなかわいい花を咲かせるんです。寒さにとても強く、冬でもきれいな緑葉を楽しめます。

 

getItemPicture[2]
サルココッカ・ウィンタージェム
既存のサルココッカに比べて、強健で樹高が低く、分枝が良いのが特徴です。徒長枝が出にくくローメンテナンスです。冬から早春にかけて白花をたくさん咲かせるそう。濃い緑に白い花のコントラスト…想像するだけで爽やかですよね。耐寒性・耐陰性に優れています。

 

imgrc0069446968出典:http://item.rakuten.co.jp/chigusa/10020140
sss出典:http://seiko-engei.com/
ナンテン・トワイライト
ナンテンの新品種。ナンテンと聞くと緑一色のちょっと和風なイメージのものを思い出すかもしれませんが、新品種の”トワイライト”は涼しげな白い斑入りの葉が特徴。新芽はピンクを帯びて色々な色がミックスされてオシャレ。そして、細い枝が華奢で繊細な雰囲気で可愛いですよ◎低温気には他のナンテンと同じように紅葉します。耐暑性・耐寒性及び湿度に強く一年を通じて楽しめます。

 

img05出典:http://kawamuraen.com/
ルコテー・ホワイトウォーター
セイヨウイワナンテンの新品種。白い斑が美しい!こちらも新芽は赤味があり、次第に濃い緑へと変化していくので、色のミックスが楽しめます。細長い葉っぱもスタイリッシュな印象でステキです。生育が旺盛でこんもりとした樹形になるそうです。丈夫な植物なのでほとんど手入れは必要ないのも魅力!

 

sswqa
getItemPicture
ルコテー・ツイスティングレッド
セイヨウイワナンテンの新品種の”ツイスティングレッド”は、その名の通り小さい葉がツイスティング、うねってるんです!ちょっと個性的で愛くるしい!新芽は赤いので緑葉とのコントラストも楽しめます。低温期には、真っ赤に紅葉するそうで…真っ赤に紅葉してツイスティングしてるなんて愛らしすぎる…! 周囲の印象を明るくしてくれるカラーリーフです。

 

少しのスペースにこういうカラーリーフ系の低木類を植えてみるだけで、ガラッと印象が変化するのでぜひ「玄関まわり」のメイクにお役立て下さい。

今回紹介した低木品種のさらに詳しい情報はこちらからどうぞ。
Saite360