fbpx

シンガポール政府機関 「National Parks Board」がRIKCAD 10を導入

• 2021年2月26日

 

2021年2月、シンガポール国立公園庁 (NParks https://www.nparks.gov.sg/) にRIKCAD 10 International が3ライセンス導入されました。

【導入の経緯】
2020年にNParksの担当者はRIKCAD導入に向けた検証を開始し、以下の有効性が認められました。

「RIKCADは、ランドスケープデザインツールとしてAutoCAD、Sketchup、Photoshopのすぐれた機能を搭載しており、設計作業を大幅に短縮することができる。たとえば、2Dで描画されたものは、同じプラットフォーム内の3Dに即座に反映される。したがって、プラットフォーム間でデータを受け渡しする必要がなくなった」

「建築や景観設計のためのハードスケープ、ソフトスケープ、ファニチャー、建材、添景などの広範なライブラリコンテンツ、また、夜景のレンダリング時に使いやすい照明器具も充実している」

「日照と日陰等の研究の為のモデルや複数の断面図を作成でき、木の成長シミュレーションもできる優れた解析ツールを搭載している」

【NParksとは】
NParksは、「シティ・イン・ネイチャー」と呼ばれる都市生態系の強化と管理に取り組み、自然、生物多様性の保全、野生生物と動物の健康、福祉、管理のための主導的な機関です。彼らの使命は、地域社会と協力して、自然保護、緑化とレクリエーション、および獣医学的ケアの卓越性を通して最高の生活環境を創造することです。道路やインフラの緑化、公園や庭園を誰もが楽しめる空間に作り替え、現在は3,347ヘクタールの自然保護区と、シンガポール植物園、スンガイ・ブロー湿地保護区、ジュロン レイク ガーデンズ、ホートパーク、プラウ・ウビン、シスターズ島マリンパーク など350以上の公園を管理しています。

【お問い合わせ】
RIKCAD海外事業担当
info-int@rikcorp.jp

top