オープンエアで昼寝が至高。素敵すぎる“テラス”の予算ハウマッチ


マンションでも戸建てでも「テラス」や「バルコニー」ってオープンエアなのにしっかりプライバシーは守られている最高のプライベート空間ですよね。気候の良い時期にテラスでレモネードとか紅茶とか(ハイボールとか)飲みながら読書したり昼寝したりしたい。オープンエアで昼寝できる機会って実はかなり少ないって気づいたんですよね。広い公園でピクニックと称して昼間っから酒盛りしてそのまま寝落ちすることは年に数回ありますが、そういうんじゃなくて、やっぱりプライベート空間で最っ高に癒やされて幸せ感じながらうとうと、まどろみたいんですよ…。

そんなわけでオープンエアなプライベート空間で昼寝できる日を具体的に妄想するために、超絶素敵なテラス・バルコニー事例を集めてみました。中には予算も載っていて妄想だけではなく、施工の際の参考にもなりますよ。


画像引用元:ガーデンプラット 株式会社 風知蒼
いきなり、リゾート感とラグジュアリー感すごくないですか。毎日お家帰ってくるのが楽しくて仕方ないでしょうね~。お昼寝もソファの上でガッツリできそう。こちらの施工費用は200万~300万円だそうです。


 


画像引用元:ガーデンプラット 株式会社HEAL THE GARDEN
こちらは細長いスペースを活かしたプライベート空間。こういう隠れ家みたいな感じも憧れます~。ナチュラルですごく爽やか!こちらの施工費用は100万円~200万円だそうです。



画像引用元:ガーデンプラット 株式会社HEAL THE GARDEN
アメリカンヴィンテージな感じが基地感を感じさせなんだかワクワクするような空間となっているデッキスペース。昼寝というよりは夜になって友人達とダラダラ喋りながらビール飲みたい・・だってほら

めちゃくちゃビールが似合う空間じゃないですか?友人とだべりながらビール飲んで夜風を感じて…って贅沢~。超オシャレビアガーデン!こちらのご予算は200~300万円だそうです。



画像引用元:ガーデンプラット D’s Casa(ディーズカーサ)
リゾート感を感じさせてくれるスタイリッシュでキレイな空間。心が洗われそう…。南国風の植物もポイントですよね。自立式のハンモックでユラユラしながら昼寝したい~(ちなみにベランダが極狭のマンション住まいのくせにハンモック欲しさのあまり自立式ハンモックを購入しましたがやはりオープンエアでないと気分が盛り上がらず部屋内に設置して置いてあるものの、取り込んだ洗濯物を置く場所として活躍しています(涙))



画像引用元:ガーデンプラット 有限会社田主丸緑地建設
「どこまでも寝転がっていけるやん…」と素で思ってしまった広ーーいテラス。ヨガできる人呼んでヨガとか習いたい…ワイは素敵女子になるんや…。これだけ広かったらなんでもできそうな気がしますよね。テラスにでて深呼吸するだけでかなりリフレッシュできるでしょうね。本気で羨ましい!!妄想が捗ります…。