リノベーションでインテリアドア選びに悩む人は意外と多い?


この間マンションをフルリノベーションした友人宅へ遊びに行った時の話です。「オシャレな若い夫婦のこだわりリノベーション物件」なだけあって素敵な内装でした!とにかく細部にまでこだわる二人で、予算内で理想のインテリアにするにはかなり四苦八苦したとのこと。

「何を決めるのが一番大変だった?」と二人に尋ねると即答で「ドア!」と返ってきました。「絶対になくてはならないもので面積が大きい、規格のものは素敵だと思えるものが少ないけどオリジナルで作ると予算オーバー、一度気にしだすとどのドアも部屋に合わないような気がして本当に悩んだ…」とのことでした。私はドアって意外だなあと思ったのですが、その場にいた家を建てた友人も「それは本当にそう!妥協してちょっと後悔してるんだよね…。」と同調していたので、内装を決める時にドアはわりと悩みどころになるようです。


規格製品でも素敵なものはあるだろう、と思って探してみたらやっぱりありました。Roomclipでよくみかけて、バリエーションも豊富で人気っぽいなと思ったのはLIXILのラシッサ。


画像引用元 LIXIL

ラシッサシリーズの中にさらにレーベルがあり特にカフェ風インテリアにぴったりの「パテオ」(下段中央)とヴィンテージな世界観にピッタリな「ヴィンティオ」(上段右)が人気のようです。とにかくバリエーションが豊富でどんなインテリアにもマッチしそうなドアが見つかりそうなのがすごいなと思いました。


凄くモダンでなんと素敵な空間!と思ったのはYKKapのfamitto。「ガラスデザイン」と「クロスデザイン」の2ラインナップ。ガラスデザインは様々なテクスチャが選べるので透け感を自分でチョイスできるのもいいですよね。間仕切りが半透明なだけでこんなに空間が広く、ヌケ感がでて上質な空間になるんだ~と思いました。

ワークスペースとリビングの間仕切りに。ストリングのテクスチャ。爽やかで解放感があります!かといって見えすぎるわけではない、ほどよい目隠し間。

ダイニングとリビングの間仕切りに。ブラックのガラスを使用。ちゃんと仕切れるのに一続きになっていて広さも感じさせてくれます。

画像引用元 YKKap

「クロスシリーズ」はその名の通り、ドアをクロス貼りしたもの。

アクセントウォールにした壁などにオススメです!たしかにせっかくアクセントウォールにしたのにドアが違う素材だとちょっと浮いちゃうかもしれないですよね。



また和室のドアにもおすすめ。和風の趣のあるクロスで統一することで、よりなごみの空間にすることができます。


内装のドア選びに悩んだ時の参考にしてください!